アルスター(Ulster):北アイルランドとドニゴール州

ベルファスト(Belfast)

北アイルランドの最大の都市で、アイルランドではダブリンの次に大きい都市、ベルファストは1960年代末より武力抗争の舞台となっていましたが、近年では平和化が進み、街も活気のあるものとなってきました。市庁舎(City Hall)や、クイーンズ大学、グランド・オペラ・ハウス(Grand Opera House)など、数々の美しい彫刻で飾られた建物が多く、見所の多い町でもあります。街の東部には、H&W(Harland and Wolff)社の造船所があり、映画でも有名なタイタニック号はここで作られたものです。2012年にタイタニック号建造100周年を祝いタイタニック・ベルファストがオープンし、タイタニック号について、最新の技術を使い、世界最大の展示内容を誇っています。

ジャイアンツ・コーズウェイ(Giant's Causeway)

巨人の石道と呼ばれるこの大地は、アイルランドの伝説の巨人、フィン・マックールがスコットランドの巨人ベナンドナーと戦いに行くために作ったとされています。アイルランドのほぼ北端、ポートラッシュの北東に位置し、火山噴火によって形成された玄武岩の6角の石柱が、規則的に海岸近くに敷き詰められた形をしています。1986年にユネスコの世界遺産にも指定されています。ジャイアンツコーズウェイまではポートラッシュからバスで30分程で行けます。そしてその近くにあるキャリック・ア・リードと呼ばれる吊り橋。ダイナミックな景観を体全体で体験できる機会ですので、ぜひ勇気を出して、吊り橋を渡ってみては?

ドニゴールとその周辺

ドニゴール (Donegal)
10世紀バイキングによって要塞が築かれた事がこの街の始まりとされており、町の名前もアイルランド語で「外国人(バイキング)の砦」に由来します。ドニゴールは小さな町で、見所は1474年、オドンネル家の居城として建てられたドニゴール城(Donegal Castle)です。ただ、現在残っている建物は、1623年に再建されたものです。ドニゴールツイードも有名です。


スリーヴ・リーグ(Slieve League)
標高約600メートルの高さを誇るこの断崖はヨーロッパで一番高い断崖とされており、バングラスから見る景色はまさに海の絶景です。スリーヴ・リーグまでは、ドニゴールからバスで2時間ほどのキャリックという町で乗り換えです。small_N108.jpg