コークとその周辺

コークとその周辺

コーク(Cork)
コーク(Cork)はアイルランド南部、マンスター地方にある都市で、ダブリン、ベルファストにつぐアイルランド第3の都市です。人口は約12万人、コークという名前はアイルランド語の"corcach"(湿地)から来ています。リー川という運河が駅の南で2本に分れ、街を挟むように流れています。7世紀に聖フィンバーによって教会を中心に発展した街です。街の北側の高台にあるシャンドン(Shandon)教会の塔頂には、風見鶏ならぬ風見鮭がユニークです。美食の街としても有名なコークは世界中の人を惹き付けます。様々なフェスティバルの開催の地でもあり、ジャズフェスティバルは中でも有名です。
コーク
ブラー二ー城

コーブ(Cobh)
コークの南にある港町コーブ(Cobh)は映画でも話題になったタイタニック号の最終寄港地、クイーンズタウンとして知られています。コーヴの聖コルマン大聖堂のカリヨン(組み鐘)はアイルランドで最大のものです。教会内のバラ窓は聖地エルサレムの方角(東)を向いています。
コーブ コ=ヴ

キンセール(Kinsale)
近郊のキンセールはおもちゃ箱をひっくり返したような可愛らしい街ですが、良港がありシーフードレストランが建ち並びます。近くには有名なオールドヘッドゴルフコースなど数々の美しいゴルフ場もあります。
キンセール