ダブリン城(Dublin Castle)

1204年にイングランドのジョン王によってバイキングの要塞があった場所に建てられ、それから1922年1月19日に正式にアイルランドに譲渡されるまでの約700年間、英国支配の本拠地として使われており、アイルランドのイギリス支配のシンボルでした。
1534年、フィッツジェラルドの反乱で大砲を浴び、1560年にヘンリー・シドニーによって新しく総督の邸宅として再建され、1684年に再び火災にあい、建物のほとんどが失われましたが、1688年にウイリアム・ロビンソンの設計で再建。さらに18世紀の中ごろには修復が行なわれました。そして、現在の建物のほとんどは18世紀頃のもので、建築当初のものは石造りのレコード・タワーのみです。
ダブリン城はガイド付きツアー(英語・フランス語・ドイツ語など)で見学可能です。